MiMCファンデの色と種類

MiMCファンデの色と種類について

MiMCファンデの色と種類について

MiMCファンデは3種類ありますね。
色もどんなものがあるのか、調べてみました。

 

 

>パウダータイプの特徴と色

 

パウダータイプのミネラルモイストパウダーファンデーションから
みてみましょう。

 

 

高配合されているのは酸化亜鉛。
これは皮膚の治療につかわれるもので、亜鉛華軟膏がそれ。
肌の回復力を支えるので、”スキンケアするファンデーション”という別名がついています。
紫外線にも酸化チタンとともに効果ありです。

 

 

パウダーなのにしっとり。
ブラシが苦手な日本人でも簡単にメイクできるようにパフタイプになっています。
鏡もついているので簡単にお直しもできます。

 

 

カラーは4種類。

 

パウダータイプ
パウダータイプ

 

日本人のほとんどが102,103番が合うそうです。
上から明るめで下に行くほど健康色となっています。

 

 

>クリーミータイプの特徴と色

 

ナチュラルクリーミーファンデーションです。

 

 

こちらは、”美容液でメイクする”というもの。
メイクしている間、美容液でパックしているようなものだそうです。
美容液の中にミネラルをいれてつくられたという逆の発想だとか。

 

 

11種類の植物美容液エキスが保湿とエイジングケアまでしてくれる、
ありがたいファンデ。

 

 

色は5つ。

 

クリーミータイプ

101、アイボリー。こちらは黄色味をぬいて透明感があがったそうです。

102、ニュートラル
103、ベージュ
104、オークル
205、ピンクブライト

 

 

こちらも102,103が標準色で、番号があがるほど健康色です。

 

 

>プレストタイプの特徴と色

 

最後にミネラルエッセンスモイストUVです。

 

 

プレストタイプで、
透明感やUV効果も毎年改良がすすめられています。

 

 

色は2色。
ピュアニュートラル、標準色の方はこちらのニュートラルなベージュを。
ソフトベージュ、健康的な肌色の方はこちらを。

 

 

ただ、色味に関しては MiMCファンデはどれもやや明るめに出るとのことです。
その上、つけたての時と、しばらくして肌に馴染んでからでは
色味に違いがでることもあるようなので、
自分の肌で試してから購入するのがよさそうです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ